婦人

瞳をもっとおしゃれするアイテム|人気があるカラコンを選ぼう

定期的に点検しましょう

男性

見た目も見え方も良好です

メガネは視力矯正器具としても側面と、ファッションの側面を持ったアイテムです。おしゃれに自分の個性を演出するためには、しっかりとメガネの掛け心地を維持させる必要があります。ずり下がってしまったり、耳や鼻元に痛みを感じるメガネでは、おしゃれに掛けこなすことはできません。また、本来の視力矯正にも悪影響が出る場合もあります。メガネは定期的な点検が大切とされています。角膜とレンズの間の距離が適正か、レンズの傾斜角度やレンズのそり角も見直しをする必要があります。メガネはレンズの度数さえ合っていればよいわけではありません。度数によっては角膜頂点距離といわれる眼とレンズの距離を修正すると見え方が変わります。近視の人がこの距離を狭くすると遠くがより見やすくなります。また、まつ毛がレンズに触れてしまうほど長い人は、この距離を長くして触れないように調整をするとよいでしょう。遠近両用の場合、頬とレンズが触れていると近くのものが見えにくくなります。鼻元のパーツを調整して頬とレンズの間を空ける事で近方が快適になります。調整がうまくいくと、無理に眼を凝らさなくても見え方が安定します。そのため、メガネを掛けているのに人相の悪い表情になることもなく、相手にも素敵な自分を演出できます。メガネの掛け外しが多い人やメガネをぶつけてしまう人は、月に一度はメガネ店に調整に出かけましょう。快適な掛け心地と共に顔に似合うメガネに生まれ変わります。